f:id:tochimo129:20210720201155j:plain

夕方、出先から帰って来てマンションの郵便受けを見ていたら、ウチと同じ階にお住いの方にお会いしました。

散歩で会ったりするとお互いのワンコ同士の交流もさせてもらったり他愛もない話なんかもしたりしていたのですが、愛犬さくらが天国へ旅立ってからはなかなかお会いすることが無くなってしまい、本当にお久しぶりでした。

「 こんにちは~ 」 挨拶すると、私を見つけてズズズイッとにじり寄ってくる感じのご近所さん。笑

そして開口一番 「 猫ちゃんはお元気? 」

そこからロビーでちょっと立ち話になりまして、ご近所さんのワンコさんも今年の3月に天国に旅立たれたとのこと。

ご近所さんの中ではその子以上のワンコさんはこれから先にいないから、今すぐにではないけど、次に一緒に暮すのは猫にしようかと考えていること。

つきましては、猫さんについてちょっとお話聞かせて下さい~みたいな感じでした。

飼うなら保護猫にすると決めているそうで、我が家のみにゃも保護猫で里親会から我が家に来てくれた子なので、色々と聞きたかったみたいです。笑

 

野良の子を自分で保護する = 病気のリスクも引き受ける覚悟がいること。

同じ保護猫でも、里親会など経由すると病気の有無などについても既に検査を済ませてくれている場合が多いこと。

我が家が犬と猫両方と暮らしてみて思ったのは、犬と猫は全然違う!ってこと。

猫は夜行性であること。

猫との暮らしは初めての私たち夫婦ですが、みにゃとの暮らしで知ったことや分かったことなどをお伝えしてみました。

参考になってくれたら良いのですが。

でも、あのご近所さんの感じでは、真剣に保護猫を飼おうと思っているんだなと伝わってきたので、いつかきっと猫さんと暮らすんだろうな~なんて思ってみたり(*^^*)

ワンコ仲間からニャンコ仲間へ、それも何か楽しそうです。笑