アメフトと言えば・・・

スポーツ観戦と言えば主にサッカーがメインの我が家ですが、夫がスポーツ観戦が好で比較的色んなスポーツの観戦をするので、私もルールはザックリとしか分からながらに一緒に観たりしています。

サッカーがオフシーズンの今の時期なんかはラグビーやアメフトをよく観ていて、先日もアメフトのワシントンVSバッカニアーズを観戦しながら、トムブレイディは移籍しても強いんだなぁ~相変わらずカッコエエなぁ~なんて思ったりしていましたが、私はふと、試合とは全く関係ないとある出来事を思い出していました。

それは私がまだ20代だった頃に勤めていた会社でのことです。

 

勤務していた支社に大学時代にアメフトをやっていた人(以下、部長代理)がいて、ある日この部長代理が

「 会社にアメフト部があるんですけど、昨日(週末)練習してたらなんか手首痛めちゃったみたいで痛いんですよね~(^^; 」

と言いながら手首をさすっていたのですが、まぁ、コチラとしては

「 大丈夫ですか? 」 

としか言いようもなくて、その話はそのまま終わって。

で、それから3日ほど経った朝。

 

出社して、エレベーターを降りて、制服に着替えるために更衣室へ向かおうとしていたら、デスクの方で何やら皆さんとやいのやいのと話をしていた部長代理が私を見つけて

「 あ!小福さぁ~ん!ちょっといいですかぁ~? 」 

と呼ぶので

「 どうしたんですか? 」 

とか言いながらデスクの方へ近づいて行くと、突然

「 小福さんって、免許持ってる? 」 「 あ、はい・・・ 」

「 オートマ限定? 」 「 いえ、一応マニュアルですけど・・・ 」

「 よしっ!よしっ!決まった! 」 「 へっ(??) 」

なんてやり取りがありまして、何?何?と困惑している私に、笑顔で部長代理が自分の左手を差し出して見せてきました。

その手首には、ガッツリとギブス。

「 どうしたんっすか? 」 と聞きながら、そー言えばこの前アメフトの練習で手首痛めたって言ってたよな~なんて思っていたら

「 なんかずっと痛みが引かないな~っと思って昨日の夜にちょっと仕事抜けて会社の近くの病院行ったら、骨折してたの。 」

「 ええっ?!3日間も骨折してるの気づかなかったってことですか?! 」

「 うん、そう!アハハッ(^^) 」

とバカみたいに笑いながら説明してきたのは

「 今日は仕事で車で行かなきゃいけない所があるんだけど、骨折しちゃってたから運転出来なくて、他の役職の人はそれぞれ予定があって変わってもらうの無理で、マニュアルの運転出来る人を今探していたんだけどみんなオートマ限定の人ばかりで困ってたんだよ~、だから小福さん、今日これから車の運転してね! 」

話を聞いて焦った私は、マニュアルの免許は持っているけど家ではオートマ車に乗ってることとか、都内の首都高の運転なんて慣れてないとか色々言ったけど、問答無用で制服に着替えることなくそのまま会社の駐車場へ連行され。

で、車を見てみたら、左ハンドルではありませんか・・・チーン(ーー)

もうね、終わったと思いましたね。

 

こうして私は、アメフトのせいで(?)人生初の左ハンドルの車を運転する羽目になり、助手席に乗る部長代理のナビを頼りに震える手でかなり前のめりになりながら首都高を運転したのでした。

・・・ま、お昼ご飯でハンバーグご馳走になったけども。

今でも忘れられない1日でございます。