助けろや!

夕方、取り込んだ洗濯物をたたんでいたら、みにゃが 「 なにしてるの~? 」 と寄ってきたので、目の前にあったフェイスタオルを馬具の鞍のようにみにゃの背中の上にパサッと乗せてみました。

すると、背中に乗ってきた謎の物体を落とそうと、そろそろと前進してみたりバックしてみたり、何やらウロウロ挙動不審になりまして。笑

しばらくその様子をほくそ笑んで黙って見ていたら、その辺を一周して私の所に戻って来て

「 ちょっと!お母ちゃん!黙って見てないで、ボクちを助けろや! 」 

と、左手で私の膝をチョイチョイしてきたので、妖怪フェイスタオルからみにゃを救出してあげたのでした(* ´艸`)クスクス

f:id:tochimo129:20200831183331j:plain