猫のお小遣い

これまで、シマリスボタンインコセキセイインコ・犬、個性豊かな小さい家族たちと暮らしてきた我が家ですが、中でも犬との暮らしと言うものは、ぶっちゃけ「好き」なだけでは一緒に暮らすのは難しいんだなと思いました。

大切な家族なので、自分たちに出来る範囲ではありますが出来るだけの事はしてあげたかったので構わなかったですし、あまりお金のことについて言うのはどうかとも思いつつ、日々のフードやおやつに定期的なケアの費用、心臓病を患ってからは近所で普段お世話になっている動物病院の他に専門病院でもお世話になったりもしたので、愛犬さくらの晩年はなかなかな医療費がかかってしまったのも事実でした。

小さい家族の一生の責任を持つと言うことは、お金もかかる可能性もあると言うことを学びました。

で。

約15年ほど前にさくらが1歳半で我が家に来た頃は、今の様にペットショップでミックス犬はほとんど見かけない時代でした。

故に、ペット保険の犬種には「雑種」と言うカテゴリーが無かったような気がします。( ← 全ての会社のペット保険を調べたワケではないので、たぶん・・・なのですが。)

なので、当時お世話になっていた動物病院の先生にペットの保険について相談してみたところ

「 保険に入れなくても、毎月この子(さくら)にお小遣いをあげればいいんだよ。子供にお小遣いあげるでしょ、それと一緒。この子に毎月お小遣いをあげて貯金しておいてあげたらいいんだよ。 」 

と教えていただいたのでした。

なので、みにゃが我が家に来た時にもペット保険に加入するかどうか考えましたが、毎月お小遣いをあげることにしまして、お小遣いは毎月5千円で貯金してあげています。

もちろん、フードやおやつや年に1度のワクチンやちょっとした治療などはお小遣いとは別で、今のところ大病や大きな怪我もせず元気に過ごしてくれているので、引き続きお小遣いは全額貯金と言うことで(^^)

このまま元気でいてくれることを願いつつ、猫のお小遣いのお話でした。