褒められるなんてことはない

夏休み・冬休み・春休み、学校が休みに入る前に渡されるアレ。

私にとっては、恐怖でしかなかったアレ(^^;

今の学校では何て言うんだろう?

私は普通の市立の小学校でしたが、私が子供の頃は、低学年の頃は成績表のことを「あゆみ」と言っていて、成績はA・B・Cの3段階でしたね。

 

小学1年生の時は、春からランドセルを背負ってとにかく毎日小学校へ行んですね~くらいな感じで入学して、ただただ親や学校の先生の言う通りに毎日過ごしている感じでしたが、小学校にも慣れて2年生になった頃から、母は私の成績などについてアレコレ言うようになってきました。

でもそれは、私が頑張れば「がんばったね!」と褒めてくれたりとか、ダメだった時に「残念だったね。」と慰めてくれたりとか、「また次頑張ればいいよ!」と応援してくれたりとか、そのような優しさのある言葉ではありませんでした。

 

例えば私が小学校2年生の時のことです。

とある学期末もらった成績表は、図画工作(美術)だけBで、他の教科は全てA。

子供ながらに、まあ悪くは無いはずだと思っていました。

でも、成績表を見せると母の表情はみるみる曇っていき

「 あ~、オールAじゃなかったんだねぇ・・・図工さえA取れれば全部Aだったのにねぇ・・・あんた不器用だからねぇ・・・はぁ~・・・ほんとダメだねぇ・・・あと1個頑張れば良かったのに・・・っとに・・・ 」

頑張った他の教科の事はどうでも良くて、ダメだった1つの事をくどくどと母に責められて、心の中の風船がシュ~ッと萎む感覚でした。

 

また別の話になりますが。

中学生になって、美術の授業だったか?夏休みの宿題だったか?とにかく絵を描きまして、その絵を美術の先生が選んで県の美術展に出してくれて何やら賞をいただいた事がありました。

思いがけずの出来事でしたが、まあ、普通に嬉しい事ではあったので、それを母に帰宅してから話したところ・・・いきなり母がキレました。

「 調子にのるんじゃない!アンタくらいの絵を描ける人はいっぱいいるし、アンタよりももっと絵が上手い人なんて五万といるんだから!そのくらいのことで喜ぶんじゃない! 」 

悪いことをしたでもなく、絵を描いて賞をもらって、まさか怒られるなんて意味が分かりませんでした。

 

先日の「小福と両親」の日記でも書きましたが、毒親の特徴の1つに

子供の心の支えになろうとしない(子供のことを褒めない・努力を認めないなど)

と言うものがあります。

私も上記の様な、納得いかない悔しくなるような経験を山ほどさせられてまいりました。

頑張れば頑張るほど、心を折られ、貶められる。

だから、頑張るならば親のためではなくて、どうか、自分がやりたい事を自分のためにと思って、頑張ってもらいたいなと思うのです。