病院へ行くのが怖い

あ~・・・通年で服用しているアレルギーの薬のストックがもう少しで無くなってしまうぅぅ。

薬をもらいに行かねば・・・

でも、緊急事態宣言まで発令された今、たとえ皮膚科と言えど不特定多数の人が待合室で待たされる状態の病院に行きたくないわぁ・・・

でも、薬が無いと蕁麻疹も、今の時期は花粉症の症状もキビシーことになるから、もらいに行かずにはいられないし・・・

でも、たかが?アレルギーの薬をもらうために、もしもコロナに感染なんてことになったら、夫にも夫の会社にも、集合住宅ゆえマンションの住民の方たちにも、迷惑かけてしまう・・・

 

な~んて、頭の中でグルグルと考えたりしていましたが、薬を飲まないワケにはいかないので意を決して?午前中の診察時間終了間際の時間を狙って、いつもお世話になっている皮膚科の病院へ行ってきました。

すると、その作戦が功を奏したのか?受付にも待合室にも患者さんが誰もいなくて、スグに受付を済ませて先生のいつもの問診を済ますことが出来て、ラッキーでした。

 

たた1つ驚いたのは、先生がマスクをしていなかったことです。

午前中の診察時間も終わる頃だから、お昼休みに行くつもりでマスクを外してしまっていたのか?

それとも、診察室の窓を全開にして換気していたので、それで大丈夫だと思っていたのか?

それとも、医療関係者でもマスクの入手がままならないのか?

なにはともあれ、先生、けっこうなおじいちゃん先生なので、ちょっと心配になりました。

 

そんな感じで、たかがアレルギーの薬をもらいに行くだけで今日はけっこうな警戒と不安と決心が必要だったワケですが、私と同じように命には関わらない程度のものだけど薬が必要な人は、今のこの時期は病院に行くことの方がかえって危険で悩めることだと思うんですよね。

ネットのやりとりで先生に処方箋だけ出してもらえたら、近所の調剤薬局に行くだけで済むのにな。

そーゆー対応もしてもらえたら、ありがたいんだけどなぁ。

なんとかならんかね・・・ぶつぶつ。