子供の成長が許せない人

カテゴリーの「小福と両親」では、私が両親との暮らしで経験した事を、子供の頃から大人になるまで順を追って書いた方が毒親についてあまり知識が無い方でも分かりやすいかな?と思って書いていたのですが、とにかくまぁ~色んな事がありすぎたものですから(^^;逐一順を追って書いていると、毒親についての根本的な話がなかなか進まないぞ(^^;ってことに気付きまして、これからは時系列のことはあまり気にせずに書くことにしました。

その変わりにと言ってはなんですが、今日は、母の言動が私が子供の頃から大人になるまででどのように変化していったか、なぜ変化していったのか、などをザックリと書いてみようと思います。

 

幼少の頃の事をこれまで幾つか日記に書きましたが、この頃の母の毒親っぷりは、まだまだ序の口でした。笑

それには理由があって、毒親の特徴の1つに

『 子供に行動や考え方など(親の価値観)を押し付ける 』

と言うものがあるのですが、幼い子供にとって両親は絶対的な存在じゃないですか。

だから親がこうしなさい!これはダメ!と言えば子供は言うことを聞くし、幼い子供は親の言葉を疑わないから、毒親にとっては幼い子供は意のままに出来る時期でもあるので、母も私が幼かった頃はまだ毒親全開にならずにいたと思うのです。

 

でも人間は誰しも成長するもので、もちろん私も成長しまして、高校生になった頃には母の言動は理不尽じゃないかと気づき始め、私の親は凄く厳しいだけでなくてこの厳しさはちょっと度を越しているんじゃないか?なんて疑問を持つようになったんですね。

毎日きちんと学校へ行って、夜遅くまで遊び歩くようなこともせず、成績は良くないけど(^^;普通くらいで何とか踏みとどまっていたし、もしも私が他の家庭の子供なら日々そんなに怒られはしないだろうと自分でも思うようになったのです。

そうなると母としては、私が幼かった頃のように簡単には支配できなくなってくるワケで、こうして徐々に毒親っぷりが激しくなってきたのでした。

 

そして、毒親の別の特徴の1つに

『 子供の全てを知ろうとする(過干渉・全てを知れないことの不安の押し付け) 』

と言ったものもあるそうです。

私も成長とともに交友関係も小学校の時のように母の知りえる近所の友達だけの付き合いではなくなり、部活で帰宅時間も遅くなるし、社会人になれば残業に会社の付き合いにと、母の目の行き届かない私と言うものが出来てくるワケですが、でもそれこそが、本来の子供の(人間の)成長ってヤツじゃないですか。

でも母は、子供の全てを知ろうとするが故に、私の成長そのものが許せなかったようで、私の成長とともに日常の妨害行為や粘着とも言える毒親っぷりがどんどん酷くなっていきまして、私には一人の人間としての人権なんて無いと感じ、とても辛くて苦しかったです。

 

こんな感じの ↑ ざっくりとした時系列を踏まえつつ、今後の「小福と両親」の日記を読んでいただければ、毒親についても何かと分かりやすく知っていただけると思います。

よろしくお願いします(^^)