五十音

幼い頃、私は布団に入って寝る時に母に絵本を読んでと頼んだことがあるのですが、母は最初の2日間は枕元で読んでくれましたが、3日目、カセットデッキを私の枕元に持ってきて

「 毎日読むの面倒だから。これ聞けばいいでしょ。 」

そう言って再生ボタンを押して部屋を出て行き、電気を消された暗い部屋の中、母が絵本を読んで録音した声が聞こえてきました。

昼間に母が録音してくれたことはありがたく思うべきだったのかもだけど、子供の私にしてみれば、近くで読んでもらう親のぬくもりとか、絵本を見ながらする親子の会話とか、一緒に絵本を見ることで私も字を覚えるとか、今日は違うお話がいいなとか、そーゆー嬉しい特典は全て無くなりまして、毎日毎日布団の中で同じ絵本の話を読む母の声をただひたすら聞く羽目になり、しばらくして 「 もういい・・・ 」 と聞かなくなったのでした(^^;

 

それからしばらく経った頃のことです。

お寺さんで親戚一同集まっての法事がありました。

それまで会ったこともなかった遠縁の親戚の中には、私の1つ年上だったか、とにかく歳の近い女の子が1人いて、法事の帰りにその女の子のいるお宅に親戚数人で休憩がてら寄らせてもらったんですね。

で、大人たちが久しぶりの再会でお茶しながら話している間、その女の子は翌年から小学校に通うために買ってもらったランドセルを私に見せてくれたり、絵本を読んでくれたりして、楽しく過ごしました。

そしてその日、家に帰ってから突然、母の雷が私に落ちました。

 

「っとに!アンタって子は情けない!あの女の子は歳も近いのにもう絵本を読めるのに、アンタは字も読めないし、ただ読んでもらってるだけで!」

そう怒鳴り、私を勉強机に座らせて(既に祖母が勉強机を買ってくれていました)勉強机の透明なカバー?シート?の下に敷いてあった五十音の表を指さしながら

「 アンタもいい加減覚えなさいっ! 」 

紙と鉛筆を置いて去って行きました。

私は突然怒られて驚き、情けないと言われてムショーにみじめな気持ちになり、泣きながら五十音が何なのかも分からないまま表の字を見様見真似で書いたのでした。

 

この時の母の言動をいつものように今の私が考察してみますと、母は他の親戚に対して自分の娘が字を読めない事を恥ずかしく思ったのでしょう。

でも、最近の幼稚園は字も教えてくれるのかもしれませんが、当時はひらがなは小学校1年になってから教えてもらう時代だったので私はまだ教えてもらったことがなく、だからと言って両親から字を教えてもらったこともなければ、上記の絵本の件のように字を覚える機会も与えられなかったので、そらぁ~読めない、書けない、知らなくて当たり前だったと思うのです。

でも母にはそーゆー経緯や状況は関係なくて、私に対して怒りをぶつけたワケです。

これは、先日の日記にも書きましたが、毒親は子供に責任転嫁する特徴があります。

親がやらなくてなってしまった結果を子供のせいにしたのだと思われます。

そして毒親は、子供と他人を比べると特徴もあると言われています。

経緯はどうでもよくて、私と歳が近くて同性の女の子が字が読めて、私は読めなかった、その結果がだけが全てで、許せなかったのだと思われます。

 

世の中には、自分の親が毒親だとまだ気づかないまま一緒に暮らしていて、そして、他人と自分、兄妹と自分、必要以上に人と比べられてばかり、責められてばかりで辛い思いをしている人もいるかもしれません。

でも、それは自分のせいではなくて毒親の特徴だと分かれば、「ああ、また勝手な事を言ってるな。」と、少しは気持ちも楽になるかもしれません。

そう願いながら、今日は日記を書きました。