鎌倉山下飯店

 冬の日の暮れは早いです。

夕方4時、銭洗弁天から鎌倉駅周辺に戻ってきた頃にはだいぶ日も傾いてきて、そして、お昼ご飯も食べずに歩き回っていた私たちはすっかり腹がペコちゃんになっていました。

が、いつも行くラーメン屋は正月休み。

で、このラーメン屋が閉まっているなら他の行った事のある店は嫌だと夫は言い。

ならば、どの店に行ってみる?となってもスグに新しい店は見つからず。

しばし鎌倉駅周辺をウロウロ・・・ウロウロ・・・ウロウロ・・・イライラ(--*

で、やっとのことで良さげなお店を発見しました。

228855.net

ビルの地下にある中国料理店で、昔から地元の人たちに愛されているお店のよう。

お昼ご飯でもなく晩ご飯には早い中途半端な時間だったので、すんなり食事が出来ると思いきや、店内ではまさかの順番待ちをしているお客さんがチラホラ!?

店内は広かったし、大広間みたいな部屋では新年会らしき大宴会も行われていて、とても人気のあるお店のようでした。

名前と人数を書いて待つこと10分ちょっと、私たちもやっと奥の部屋のテーブル席に案内してもらいまして、やっとの食事にありつくことが出来たのでした。

f:id:tochimo129:20200108101431j:plain

f:id:tochimo129:20200108101435j:plain

 コーンスープ

カニ肉入りの卵焼き

鎌倉餃子

五目焼きそば

 

カニ肉入りの卵焼きとコーンスープは特小サイズにしましたが(それでも1~2名の量なので)しっかりボリュームがあったうえに、五目焼きそばは普通サイズ(と言ってもメニュー表では小サイズ)を頼んだのでかなりのボリュームで、料理が運ばれて来た時にちょっとビビりました。

でも、脂っこくなく、塩分控えめで、鎌倉風?のさっぱりとした、日本人の味覚を大切に追求してきた料理とのことで、確かに味付けもマイルドで飽きない美味しさだったのでこのボリュームでも最後まで美味しく食べれました。

鎌倉餃子は小松菜がたっぷり入っているオリジナルな餃子でしたが、全く青臭くなかったし、小松菜がたっぷり入っているように見えるのに思いのほか肉肉しくてタネがころんとしていて、とても美味しかったです。

思いがけずちゃんとした美味しい中国料理を堪能出来て、大満足の夕ご飯となりラッキーでしたね。

良い店、また1つ発見しました。