小福と両親

今日、「小福と両親」と言う新しいカテゴリーを作りました。

はてなブログに引っ越して小福日記をスタートさせてから、私はたまに両親(と言っても主に母)のことについてチラホラと日記に書きましたが ↓ 実は、私が初代のブログを始めてから小福日記に至るまでのおよそ17年間、両親のことについてはほとんど日記には書いてきませんでした。

 

tochimo129.hatenadiary.jp

tochimo129.hatenadiary.jp

tochimo129.hatenadiary.jp

なぜなら、「私と両親の関係性」と言う日記 ↑ で先日初めて書きましたが、私の母はいわゆる毒親でして、当時の私が両親との関係についてあれこれ書いたらきっと、両親への恨みとか悔しさとか悲しさが先行してしまって、ただそれだけになってしまうと自分でも分かっていたからです。

自分の気持ちの負の部分をただただぶつけるような日記にはしたくなかったんですね。

だけど最近、私にもちょっと心境の変化が。

私もおかげ様でこれまで無事に年齢を重ねて、すっかりいい歳になりました(^^;おほほほ。

結婚して夫と暮らしてきた時間が長くなってきて、つまり、両親と暮らしていた時間がどんどん過去の事になってきて、その時間のおかげで少しずつ両親との関係を客観的に考えられるようになってきた気がするのです。

っと言うか、客観的に考えるように~考えるように~と心がけ続けて、やっと少しは客観的に考えられるようになった気がする、が正解かな。

ほんと、やっとですよ、やっと。

ずいぶん時間がかかりました(^^;

でもそれだけ、親子関係と言うのは簡単にリセット出来ないものなんですね。

なので、この度「小福と両親」と言うカテゴリーを作りまして、両親との関係の愚痴とか泣き言ばかりではなくてね、毒親との暮らしで実際に経験したこととか、それに対して今だから分かる事とか言えることとか、現在進行形の私の両親に対する気持ちなどを書いてみようかなと思いました。

それを見て、もしかしたら嫌な気分になってしまう人もいるかもしれないので、もしそうなったら本当にごめんなさいだけど、もしかしたら今現在進行形で毒親との関係で苦しんでいる人が「そーゆーことなのか!」と気づいたり何か参考になってくれたら幸いだなとも思うのです。

それと、一言で毒親と言っても家庭によって色々と状況は違うだろうけど、毒親とは無縁だった方も一例として私のようなこーゆー苦しい親子関係ってものが世の中にはあるんだよと言うことを知ってもらえたら、知ってもらえるだけで救われる人もいるかもしれないとも思うのです。

新しいカテゴリー、どうぞよろしくお願いします。