加賀おでんと酒楽

嬉しいことに、金沢土産の恩恵はまだまだ続いております(^^)

f:id:tochimo129:20191201233223j:plain

今晩は、スギヨの加賀おでんをいただいてみました。

こちらも金沢駅のスーパーで手に入れたものです。

f:id:tochimo129:20191201233225j:plain

そしてお酒は、ひがしやま酒楽の 純米吟醸 酒楽(数馬酒造)。

higashiyamasyuraku.business.site

酒楽オリジナルの日本酒で店名がそのままお酒の名前になっていて、他にはあまり出回らないとのこと。

これをいただくの、めっちゃ楽しみにしていました!

f:id:tochimo129:20191201233230j:plain

今日はオニカサゴが1匹手に入ったので、身はお刺身で、アラはアラ汁でいただきました。

今日はもう完全に家飲みコースでしたね。笑

オニカサゴの刺身は、白身だけど程よく脂が乗っていて、これは美味しい。

サクサクしつつももっちりした食感で、旨みが口の中に広がりました。

そしてそこで、酒楽を一口・・・おっ!おおーーーっ!

最初は甘口かなって感じなんですよ、フルーティーで、でも後味は割とサッパリして辛口の感じも少しして、なんて飲みやすいんだろう。

料理の味を引き立てる、そんな旨いお酒とはまさにこのこと。

f:id:tochimo129:20191201233233j:plain

そしていざ、加賀おでん。

加賀おでんには欠かせない赤巻やくるま麩などなど具が2個ずつ入っていて、具の種類はそんなに多くないけど二人暮らしの我が家にはありがたい。

おダシはなんだろ?魚介すぎず、味も濃すぎず、ヒジョーに優しいお味でしたね。

それがくるま麩や大根にしっかりしみ込んでいて、一口ごとにじゅわ~っとしみ出てくる美味しさ。

そして何やら金沢では、おでんの残ったおダシにご飯を加えておじやにしたり、うどんを入れたり、餅を入れたりして楽しむらしい?(金沢出身のアナウンサーがテレビで言っていた)ので、我が家も今日は〆でおじやでいただいてみました。

おじやにするには少し味が濃いので、水を足して味を調えてからご飯を入れて、とろりと煮えてきたところで卵をまわしかけ、最後に小ねぎをちらしてみました。

で。

これが思っていた以上に美味しかったのです!

おでんで〆って私たちは初めてやってみましたが、金沢のご家庭がこうする理由がよく分かりましたね。

加賀おでんのおダシだから美味しかったのかな、最後まであますとこなく美味しくいただきました(^^)

どうもごちそうさまでした。