兼六園

ひがし茶屋街を散策し、再び30分ほどぶらぶら散歩しながら向かったのは、金沢と言えばここは行っておくべきでしょう!と言える兼六園

f:id:tochimo129:20191128214250j:plain

兼六園は高台にある金沢城跡の横にある庭園なので、坂道をえっちらおっちら上った所にありました。

f:id:tochimo129:20191128214254j:plain

金沢城は残っていないので跡地として保存されていますが、石川門や橋爪門や五十間長屋などは復元されているので、城内の雰囲気は少し感じる事が出来ました。

f:id:tochimo129:20191128214259j:plain

そして兼六園へ。

金沢の冬の風物詩、木々を雪の重さから守るための「雪吊り」で冬支度が始まっていました。

f:id:tochimo129:20191128214301j:plain

立派な松の木も雪吊りしてもらって、準備万端。

f:id:tochimo129:20191128214307j:plain

園内では皆さん総出で順番に雪吊りの作業をされていました。

始めて作業の様子を見ましたが、こうやって枝1本1本に綱を張って、なかなか大変な作業なんだな。

f:id:tochimo129:20191128214311j:plain

園内の紅葉が綺麗に紅葉していました。

真っ赤な紅葉って思えば今年は初めて見た気が・・・やっぱり鮮やかで綺麗だな。

f:id:tochimo129:20191128214313j:plain

池と滝と紅葉と。

こんな美しい庭園を作った昔の金沢城主は、どんな気持ちでこの庭園を歩いていたんだろうな。

f:id:tochimo129:20191128214316j:plain

 美しい庭園、雪吊り、色鮮やかな紅葉、のんびり歩いて堪能できました。

金沢を代表する庭園、素敵でした。