台風19号日本上陸

いよいよ台風19号が日本に上陸しました。

あまりの台風の勢力の強さに、世界の色んな国がこの台風が直撃する日本の動向を見ているとか・・・

夫は昨日からそんな台風に備えて家で仕事をしていましたが、忙しくて今朝の5時頃まで仕事をしていて、朝になってやっと布団で寝れたと言うのにとても申し訳なかったけど、とりあえず9時過ぎに一旦起きてもらい朝風呂に入っておいてもらいました。

なぜなら、我が家の暮らす地域は午前中のうちに避難勧告と高齢者避難指示が発表され、ニュースでは各地の停電情報や川の氾濫危険水域を超えたニュースがが続々と伝えられていて、ウチのマンションは地下に給水タンクがあって電気でくみ上げるタイプなので、断水にならなくても停電したり川が氾濫したら水が使えなくなるので、午前中のうちに入浴を済ませ、入浴後すぐにお風呂を洗って生活用水を浴槽に溜めておいたのでした。

まだ台風直撃前だと言うのにこの危機的状況って・・・

その後、スマホやモバイルバッテリーも満タン充電し、ベランダの物も全て中に入れ、やれることはとりあえずやっておきました。

 

ところで、これまでの台風でこんなに危機感を感じた事はありませんでしたが、さすがに今回の台風はヤバそうだと悟って色々と調べているうちに、東京の江戸川区ハザードマップについて色んな人が情報を発信しているのが目につきました。

それがコチラ。

f:id:tochimo129:20191012151731j:plain

 

東京のその昔の江戸時代、江戸の町を作るにあたって水害からどうやって江戸の町を守るかと考えて作られたのが今の東京だそうで。

万が一江戸界隈が大雨にみまわれた場合、真っ先に今の江戸川区辺りに川の水を集中させて、他の町を守るように作られたのだとか。

つまり、真っ先に江戸川区を水に沈める事によって他の町の被害を軽減する、ってことらしいです。

なので、江戸から東京になった現代も、江戸川区の公式のハザードマップ

江戸川区 ここにいてはダメです」

とハッキリと明言していて、とにかくこの区から区民全員脱出しろと指示しているのです。

昔の人は昔の人なりに色んな対策を考えて町を作ったんだなと感心してしまいましたが、江戸川区に暮らす住民の方たちは今まさに気が気ではない状況だと思います。

あ・・・

今NHKのニュースで、大雨特別警報が発表されてしまった・・・

とりあえず自分や家族の身は自分で守ることしか出来ませんが、被害があまり出ないでくれることを祈るのみでございます。