勝手にストーリー予想

なつぞら」、久しぶりに朝ドラを見ています。

主人公とかその他登場人物にもそれらしくモデルになる人がいたり、登場する店にもモデルになる店があったりしつつも、ガッツリ誰かのノンフィクションストーリーではないので、あまり重い内容になり過ぎずに楽しく観れています。

で、時期的にそろそろ最終回が近づいてきている訳ですが、ここで

「 小福の勝手にストーリー予想~~~ 」 ドンドンドン♪パフパフパフ♪

 

今日の放送では、戦争で生き別れになっていた妹の千遥の店になつや咲太郎たちが諸事情により客として訪れて、やっと兄妹3人がとりあえず対面することが出来ました。

でも前回の放送で、千遥は娘の千夏に「お父さんと別れる」「この家には住んでいられないから他の街で暮らすことになるけどいい?」と伝えていることから、千遥は夫と離婚後のことについてはまだ未定だと思われます。

で、ここで兄妹3人が再会したことが、やはり今後の展開に関係してくると思うのです。

千遥は結婚前に姉のなつに会いに十勝の柴田家の元を訪れたことがあるので、千遥と柴田家の皆さんは既に顔見知りです。

そして、千遥の娘の千夏の役を、主人公のなつの子供時代を演じていた粟野咲莉ちゃんが再び演じていることがポイント。

夫と離婚して行き場に困っている千遥に、たぶんなつは十勝の柴田家の元へ行くことを勧めるんじゃないかと。

千遥の娘の千夏は、なつが自分が育った十勝の景色と重ね合わせて手掛けている漫画テレビの「大草原の少女ソラ」が大好き、と言うところも、千遥に十勝行きの決心をさせるポイントかも。

子供の頃から奥原兄妹の事情を良く知っていて、なつを実の娘として育てた心優しき柴田家の皆さんは、きっとなつの妹親子の事も快く受け入れてくれるでしょう。

柴田家のお母さんの富士子と、兄の照男のお嫁さんの砂良が、牧場内の一角にある建物で店を始めると言っていたので、柴田家で暮らし始めた千遥は料理人と言うこともあって、柴田家の店を手伝いながら暮らし。

そして、子供の頃のなつと、千遥の娘の千夏の姿を重ね合わせて温かく見守ってくれるんじゃないかな。

こうして、なつの手がける大草原の少女ソラと十勝と言う開拓者の地で暮らすことになった千夏がリンクしていく。

 

そんな感じ。

どう?

けっこうイイ感じだと思うんだけど。

ふっふっふ。