湯豆腐とHANABI

東横のれん街で豆腐がちょっとお買い得だったので、せっかくなので美味しそうなのを幾つか買ってきて湯豆腐にしました。

湯豆腐でいただいたのは、「尚太郎」と言うブランド?の木綿豆腐(こちらは商品名や会社名で検索しても出て来なくて、東横のれん街の吉祥寺店のショップリストにだけ検索でヒットしているので、東横のれん街のオリジナルブランドなのかな?)と、株式会社むつみの「白無垢絹」と言う絹豆腐の、2種類。

f:id:tochimo129:20190115184536j:plain

我が家の湯豆腐は私の母の作り方で、だし昆布を入れたまま昆布だしで豆腐を温めます。

鍋の真ん中で鰹節と醤油を入れたタレを一緒に温めまして。

f:id:tochimo129:20190115184545j:plain

昆布だしが沁みた豆腐にお好みの濃さでタレの醤油の染みた鰹節少々と、お好みで柚子胡椒や小ねぎなどで味を調えていただきます。

まずは、尚太郎の木綿豆腐・・・おっ!美味しい!!!

木綿豆腐だからってだけではないほどもの凄くしっかりとした食感に、大豆の味の濃さ、そして、しっかり昆布だしが沁みて何ともマイルドです!

続いて、白無垢絹・・・う~ん!なんてプルプルなんだぁ!!!

湯豆腐・鍋物にとお勧めしているだけあって、絹だけど濃厚豆乳仕立てなので味がブレることなく、この滑らかさが癖になりそう。

久しぶりに湯豆腐を食べましたが、こんなに湯豆腐って美味しかったっけ?

子供の頃は 「 今晩は湯豆腐~ 」 と言われると、嬉々として美味しそうに食べているのは母だけで、父や私は物足りない感じ満載だったのに(^^;私も湯豆腐が美味しいと感じるお年頃になったのか。

それとも、やっぱり美味しい豆腐だから美味しいと感じたのか。

夫も久しぶりの湯豆腐でしたが、相当気に入ったようで、見てて気持ちいいほどペロリと食べていました(^^)

f:id:tochimo129:20190115184552j:plain

そして、今日はせっかくの美味しい湯豆腐なので、先日表参道にある新潟館ネスパスで買って来た新潟長岡の柏露酒造の発砲純米清酒HANABIを一緒にいただきました。

瓶内二次発酵による天然の醗酵炭酸ガスでかなりしっかりシュワシュワと泡だち、冗談抜きでシャンパンのよう、だけど美味しい日本酒の味。

味も甘酸っぱくてさっぱりしていて、これは飲みやすい♪

また1つ、お気に入りのお酒に出会えました(^^)嬉しいことです。

 

湯豆腐

がってん寿司の握り (かます・五島極上ぶり・まぐろ赤身・かます・ほうぼう・海鮮軍艦巻き

生節 (マヨポンで)

梅にんにく

HANABI

凍頂烏龍特級春香