にゃんとお見合いしてみた

これまでちょっと色々ありましたが、今日は里親の申し込みをしていた雄猫くんと自宅でお見合いをしました。

tochimo129.hatenadiary.jp

午後、里親会の方が雄猫くんを連れて我が家に来てくれました。

里親会と言っても、10年ほど前から個人でご自宅で保護活動をされている方なので、先日里親応募の連絡をしたのも、今日来て下さったのも、もしご縁があってこれから手続きをすることになったとしても、すべてこの代表の方が対応してくれることになります。(以降日記では「Eさん」とさせていただきます。)

これまでメールと電話のみで連絡を取り合っていたので、今日ウチに来ていただいて初めてEさんともお会いしましたが、とても気さくにお話しして下さいましたし、私たち夫婦が猫を飼った経験がないと言うこともあって、猫を飼うのに必要な物とか種類とか、フードの事とか、食べたら毒になってしまう物とか、雄猫くんの性格とか、どんな感じで子猫の頃から育ててこられたか等々、私たちの心配をカバーするかのように沢山の情報をレクチャーして下さいました。

これまで猫との暮らしについては、くるねこを読んだり、ネット情報で調べて見たりしてはいましたが、まだまだ知らない事の方が多くて、色々お話を聞かせていただいて本当にありがたかったです。

そして肝心の雄猫くんはと言うと。

Eさんとお話をしている間ずっと移動用ケージのフタを開けていつでも出て来れるようにしてはいたんですけど、最初はやっぱり見知らぬ場所に緊張しているらしく、全くケージから出てこようとはしませんでした。

が、1時間か1時間半くらい経ってからかな、やっとひょっこり顔を出しまして。

ものすごーくへっぴり腰で、そろぉ~り、そろぉ~り、抜き足差し足でケージから出てきたと思ったら、いきなり廊下をダッシュして玄関の下駄箱の下にスライディング。

あー、そうきましたか(^^;

猫は狭い所が好きみたいなので、リビングのラックの下とか潜り込みそうな所を一応掃除しておいたんですけど、下駄箱の下はノーマークで掃除していませんでした。

猫初心者、まだまだ猫さんの動きが読めませぬ。笑

そんな感じで、Eさんとお話が終わるまでずーっと下駄箱の下から目だけが見えている状態で過ごされ、帰りにEさんにズルリと引っ張り出されて、足に綿ぼこりを付けたままケージに入れられ帰って行かれました(^^;

雄猫くんはそんな感じではありましたが、お見合いの感じを見ていただいて一応大丈夫そうかなと判断していただいたようで、来週末から目安として約2週間トライアルで我が家で過ごしてもらうことになりました。

そんなこんなで夜、猫のトイレ用品とか首輪や迷子札など最初に必要なものをネットで注文しました。

幸い、移動用ケージやカートやブラシなどはさくら姉ちゃんのお下がりがありますし、ペットシートとか首輪とか必要な物は犬も猫も同じだったりもするので使い慣れたメーカーでスグに決める事が出来ましたしね、何とかなりそうかな。

後は、アレルギー持ちの私なので、4月に受けたアレルギー血液検査では動物のアレルギーは無かったものの、念のため空気清浄機を買うことにしました。

エアコンの空気清浄機能もありますが、念には念を入れてってことで。

あとは、雄猫くんが我が家に来て、リラックスして暮らしてくれるようになるかどうか。

こればっかりは雄猫くんの気持ちもありますのでね、雄猫くんの様子をみてみたいと思います。

ちょっとドキドキ、でも楽しみ。