伊勢鮨(札幌3日目 小樽)

札幌自動車道を車を走らせ、小樽に到着したのがちょうどお昼時。

小樽市観光駐車場に車を止めてまず向かったのは、小樽駅です。

って言うか、小樽駅の中にあるお寿司屋さんです。

f:id:tochimo129:20190610212557j:plain

伊勢鮨 駅中店、立ち食いのお寿司屋さんです。

こちら伊勢鮨は、小樽に数多くあるお寿司屋さんの中でもちょっと高級店なんですけど、そこが駅の中に6~7人用のカウンターだけの立ち食い寿司のお店を出しているんですね。

立ち食いだしメニューの数も少なめなので、もちろんそのおかげでお値段も控えめで、高級店の味を手軽にリーズナブルに味わえるの、ありがたーい!

www.isezushi.com

f:id:tochimo129:20190610212559j:plain

メニューはお好みで注文することも出来ますが、今回は2人ともおまかせ8貫を注文。

上の写真は最初に握ってくれた4貫で、ぼたんでび・ホタテ・まぐろ・そい。

f:id:tochimo129:20190610212601j:plain

そいとホタテを食べてしまったところで残りの4貫、ずわい蟹・イカ・サーモン・北寄貝。

江戸前寿司のようにどのネタもひと手間きちんとかけてあって、寿司なのに一味やコショウがアクセントで使われているネタもあって、初めての味わいでした。

このきめ細やかさ、凄いですね。

夫にいたっては生の北寄貝を食べたことも見たこともなかったそうですが、私は福島にあった父の実家でこれでもかってほど食卓に出してもらって軽くトラウマのある食材だったので、夫はお初、私はリベンジ、そんな感じで北寄貝をいただいてみました。笑

私が大人になったからか、子供の頃にちょっと苦手に感じたような味のクセもなく美味しかったですし、夫も食感とかサッパリな味がとても気に入っていました。

どのネタも水っぽくないって言うかな、しっとりとした食感とお味でとても美味しかったのです。

お昼時に行ってしまったのでちょっと並んだけど、待ってでも食べてみて良かったです!

ごちそうさまでした。