札幌市時計台(札幌2日目)

札幌市時計台に来ました。

以前友人と訪れたことがあるのに、なぜかこの建物の記憶があまり無いんだよなぁ~っとよくよく考えてみたら、当時は内装工事中で建物の中は見学出来なかったんだっけ。

ってことは、時計台の中を見学するのは私にとっても今回が初めてと言うわけです。

f:id:tochimo129:20190606202130j:plain

おお、お久しぶり、時計台。

以前よりさらに高層ビルに囲まれちゃったね。笑

f:id:tochimo129:20190606202132j:plain

1階入ってすぐの部屋は映像展示コンピュータ検索と言うブースになっていて、札幌の歴史を写真で説明していました。

f:id:tochimo129:20190606202134j:plain

そしてこちらは、2階の演舞場。

突き当りの✖になっている箱みたいなものは、時計台の時計のネジの部分だそうで、このネジを週に一度ネジネジして、その重みで時計の振り子が動く仕組みになっていて、今も現役。

今も現役って凄いですよね、歴史を感じます。

f:id:tochimo129:20190606202136j:plain

 演舞場の一角には北海道開拓の歴史や、札幌農学校についての資料が展示されていて、こちらでクラーク博士の写真を初めて見ることができました。

で、写真の右側にクラーク博士の直筆の文字(たぶんコピーだと思うけど)を見ることが出来たのですが、まぁ~お手本のような綺麗な筆記体の文字だったんです。

その几帳面な綺麗な字に驚きつつ、クラークさんと言う人の人となりを少し知ることが出来たような感じがしました。

最後に余談ですが、以前友人と訪れた時に見た時計台の外観と、今回久しぶりに見た時計台と、何かちょっと違うな~って気がしたんですね。

どうやら、外壁の色が違ったみたいなんです。

以前はたぶん真っ白な壁に赤い屋根だったんですけど、今回はほんのり薄いグリーンの壁に赤い屋根。

時計台って何度となく塗り直されていて、その度にちょっとずつ色が違ったりしてるんですって。

次に時計台を訪れる時は、今度はどんな色になっているのかな?(^^)