里親会へ行ってみた

昨年のGWに我が家の愛犬さくらが虹の橋を渡り、その2ヶ月後にセキセイインコのさんちゃんが虹の橋を渡り、それから1年が過ぎたころ、夫が猫を飼いたいと言い始めました。

前々から、ワンコとの暮らしはさくらのおかげで経験させてもらえたし、小動物との暮らしもシマリスのちっちに始まり、セキセイインコのさんちゃんとろくちゃん、キエリクロボタンインコのキエさんと経験できたのでね、将来いつかはニャンコとの暮らしも経験してみたいね、みたいな事は夫婦そろって何となく思っていました。

ただ、いつから飼うとか具体的な話はしていなかった(っと言うか、さくらとさんちゃんとお別れした直後に他の子をむかえ入れる心の準備が出来なかった)ので、そのうちね、いつかね、っと思ったまま時間が過ぎて今に至っていました。

お別れから1年、私のおハゲも少しずつ治ってきたので(笑)夫もそろそろ新しい家族をむかえてもイイかなと思えたようです。

そんなわけで本日は、私の実家方面で活動されている里親会の譲渡会を見に行って参りました。

なぜわざわざ実家の方の里親会に行ったかと言いますと、テレビ等でもその活動を紹介されていたり、マンホールに落ちた子猫の救出劇がテレビ番組に取り上げられたりしているので、代表の方を含めボランティアの方々がどのような保護活動されているのか私達も知っていたからです。

今日はホームセンターの一角で里親会が開かれていて、特にどの子がイイと決めていたワケではなくて、どんな子がいるんだろうな~?くらいの感じで行ってみました。

が、里親会のアンケートを記入して提出する際に、ご希望の犬・猫ちゃんを第三希望まで名前を書く欄があって、思わずそこで私は、離乳出来たか出来てないかくらいの生後間もないかなり小さな子猫2匹ともう少し大きい子猫の3匹の名前を書いてしまいました。

なぜなら、さくらが里親会から我が家に来てくれたのが1歳半(既に成犬)だったので、子犬の頃の姿を見ることが出来なくて、それだけが家族としてちょっと心残りだったものですから、つい・・・。

だけど、帰宅してからもの凄く考えたんです。(←夜中の2時くらいまで夫と話てました(^^;)

我が家は夫婦そろって猫と暮らした経験がありません。

なので、まだ離乳途中くらいの子猫の育て方も、体調が不安定になりがちな子猫の健康管理の仕方も知らなければ、まだ小さすぎてエイズ白血病の検査が出来ていない子達なので、もしも引き受けてからキャリアだと分かったらその後どう対応していけば良いのかとかも知識不足です。

なので、今日は可愛い子たちを目の前につい舞い上がってアンケートに書いてしまった生後間もない子猫たちの応募はキャンセルしていただくことにしました。

沢山の方が里親会を見に来ておられて申し込みをされていたので、我が家がキャンセルさせていただく前に他の方に譲渡が決まっているかもしれないんですけどね(^^;

ご迷惑をおかけしないよう、明日早々にご連絡を入れたいと思います。

ただ、猫との暮らし自体を諦めたワケではないので、里親会のHPなどは引き続き拝見しつつ、成猫を含めもう少し大きくなった子猫との出会いを探してみたいと思います。

 

こうして、午前中から出かけて午後1時少し前に里親会の会場に到着し、そこから2時間ほど、里親会に参会しているワンコやニャンコと対面したり、アンケートに答えたり、代表の方から質問を受けたりして過ごしまして。

会場に到着した時に既にトイレに行きたかったりお腹が空いてきていたこともすっかり忘れて時間を過ごしていましたが、里親会の会場を離れた途端に、膀胱パンパンであることを思い出してトイレに駆け込み(^^;腹がもの凄くペコペコである現実に直面したのでした(^^;

f:id:tochimo129:20190527180013j:plain

里親会が開催されていた最寄り駅周辺にはあまり飲食店は無いので、とりあえず電車に乗りまして、帰路の途中の二子玉川駅で下車し。

f:id:tochimo129:20190527180019j:plain

午後3時半、柿安のビュッフェ三尺三寸箸で遅いお昼ご飯と言いますか、かなり早い晩ご飯と言いますか、やっとの食事にありついたのでした。

f:id:tochimo129:20190527180025j:plain

この沿線の景色は、毎日学校や仕事に行くのに電車の車窓から見ていた景色、やっぱり懐かしいもんです。

今日は朝からかなりバタバタで、夫もさすがにかなり腹ペコだったようで、野菜からスタートして、惣菜、寿司やミニラーメン、最後にめずらしくデザートもシッカリめに食べていました。笑

お疲れさまでした。