餃子を作って焼く時、1個1個がくっついて皮が破れてしまわないように間隔を開けてフライパンに並べて焼いているんですけど、料理番組とかで餃子を作っているのを見ると、よく円形に並べて焼いてフライパンにお皿をくっつけてエイッ!とひっくり返して焼き目が見えるように盛り付ける感じで作っていて。

でも、その焼き方だと食べる時に皮が破けちゃったりしないのかな?食べにくくないのかな?って前々から疑問でした。

なのでこの小さな疑問を解決すべく、本日はよくテレビで見る上記の焼き方で焼いてみました。

見た目は、うん、餃子っぽい。笑

食べようと箸を伸ばしてみたら、おや?おやや?思っていたほど餃子どうしがくっ付いてはいなくて、あまり皮も破れず1個1個取れましたね。

ちょっと意外。

でも、これだけ普通に食べられるなら、これからはこの焼き方でもいいかなと思ってみたり(^^)

何でも試してみるもんですな。

f:id:tochimo129:20190411145057j:plain

餃子

小松菜のナムル

岩下の新生姜

海鮮漬け

ひらたけの炊き込みご飯

とろろ汁

麦茶