とある都市伝説について

今日は、とある都市伝説を耳にしてふと思ったことを雑談で書きたいと思います。

 

ドイツの大学で生物学の研究でをしているチームが発表した案件で、ある藻について研究をしていたところ、植物って水と二酸化炭素と光で光合成をするのが普通ですが、己の光合成が上手くいっていない時(エネルギーが上手く作れない状態の時)、隣りの植物からエネルギーを取っている、という研究結果が出たらしいです。

 

その事から、もしかしたら?人間も?他者からエネルギーを取っているかもしれない?っと言う学説につながるのではないか?ということになったらしいです。

っと言うのも、「この人といると何だか元気が出るなぁ~」みたいな人がいるじゃないですか。

これって、エネルギーがある人からエネルギーをもらっているからなのかも。

その逆の、「この人といると元気や運気が何となく下がるなぁ~」みたいな人もいるワケで。

このように、人に元気をあげる人、人から元気を取る人、と言う状況に現実的な説明がつくかもしれないと言う都市伝説なのです。

 

で。

「人のエネルギーを取っている状態」かもしれない人を見分ける方法があるそうで、例えば

・繁盛店に行ったとしても、フワッと他の客がいなくなる

とか

・とかく並びがちな公衆トイレに、フワッと並ばず入れる

このように、とにかく人が寄って来ない(笑)、これが見分けるコツなのだとか。笑

 

まぁね、これはあくまで都市伝説と言うか、可能性の話なのです。

でもです!もしもこの都市伝説が本当だったとしたら!私達夫婦は人に元気をあげることが出来る人ってことになれるかもしれん?!思ったのです。ふっふっふ。

ガラーンと誰もお客さんのいない店に私達夫婦が入ると、店を出る頃には沢山の人で混雑しているなんて事がかなり多いのです。

これは私だけの気のせいではなく夫も 「 あ、またやったね(また混雑させちゃったね)。笑 」 と言いながら店を出ることが良くあるのです。

人に元気をあげることが出来る人ってことになれたら嬉しいので、この都市伝説が本当になってくれたらいいなぁ~なんて幼稚な事を考えた小福でございます。笑