有馬温泉

早朝、東京駅発の新幹線で神戸へ向かいました。

明日行われる予定の義母と叔父の納骨式のためです。

会社へ行くより早起きして眠い目をこすりながら身支度を整え、バタバタと家を出てきたので朝食は東京駅で調達して新幹線に乗ってから食べて、あとはほとんど2度寝状態でぐっすり寝ている間に9時42分に新神戸駅に到着しました。

そして今回、お墓は神戸にあるのでもちろん神戸市内に宿泊しようと考えていたのですが、納骨式をする明日8月4日(土)は、お盆直前の週末であり、甲子園の開会式の前日であり、神戸の花火大会の日であり、皇室の方が来ていて警察の警備が厳重になっている時であり・・・とにかく色んな事が重なっていて大混雑の神戸市内の宿やホテルを確保することが出来なかったので、私たちは神戸市内から車で1時間ほどの所にある姫路駅のホテルに宿泊することにしました。

そんなワケで現地での移動手段は自動的に車になりまして、まずは三ノ宮まで地下鉄で移動して予約しておいたレンタカー店に行き車を借りました。(なぜか新幹線の止まる新神戸駅ではなく地下鉄で1駅離れた三ノ宮の方にレンタカー店が多かったのです)

レンタカーの後部座席に義母のお骨を乗せて、トランクにデカいキャリーをドンと入れて、やっと身軽になっていざ出発。

最初に向かったのは、JR元町駅

f:id:tochimo129:20180806193222j:plain

姫路・神戸で美味しいお店上位にランキングしていたのが、なんと駅の蕎麦屋まねき食品株式会社の駅そばえきそば

中華麺に和風だしというミスマッチが大変人気とのことで、そんなに美味しいなら食べてみようと、お昼より少し早い時間ではありましたが午前11時頃に元町駅近くのパーキングに車を止めて、少し商店街をぶらぶらしつつ、お店に到着しました。

夫はきつねえきそば、私は天ぷらえきそば、ツルツルとした食感の中華そばがおダシに思った以上に良く合って、そもそもの蕎麦つゆがとても美味しくて、人気なのも納得の1杯でございました。

f:id:tochimo129:20180806193230j:plain

今日はとりあえず1日フリーだし、夫はエアコンにやられてすっかり風邪気味だったので(^^;午後は少しのんびりしましょうかと有馬温泉に向かいました。

今回お世話になったのは有馬温泉街の最も奥高台にある温泉宿のかんぽの宿 有馬

有馬温泉には、黄土色に濁ったナトリウム鉛泉(金泉)とシュワシュワなラジウム鉱泉(銀泉)の2種類の温泉があるそうですが、かんぽの宿は金泉で、お湯の濃さから「有馬一の泉質」とのこと。

f:id:tochimo129:20180806193236j:plain

正面入り口を入るとすぐ右手に、立ち寄り湯だけを利用する人のためにチケットの販売機があって、こちらで平日は入浴料800円、レンタルバスタオル150円、フェイスタオル販売200のチケットを購入し、販売機の右奥にある「はきもの室」でスリッパに履き替え、そのままエレベーターで温泉フロアまで上がれます。

宿泊でない人がフロントに寄らずに直接温泉に入りに行けるようになっていて、とてもお手軽で便利だなと思いました。

温泉は、言い方が悪いかもですが茶褐色の泥水のような色をしていて透明感はなくて、ちょっと口元に付いた温泉はもの凄く塩っぱかったですね。

温度はわりと熱めで長くゆっくりつかる感じでは無かったですが、肌がツルツルしてとてもイイ感じだったので、お湯につかりながら顔にもピシャピシャと温泉をつけながら入ってきました。笑

f:id:tochimo129:20180806193257j:plain

湯上りは、ありまサイダーてっぽう水でクールダウン。

かなり炭酸が強くてシュワシュワで冷たくて、温泉上がりにピッタリでした。

f:id:tochimo129:20180806193304j:plain

温泉でサッパリしてから、有馬温泉街をぶらぶら散歩してみました。

f:id:tochimo129:20180806193322j:plain

f:id:tochimo129:20180806193331j:plain

有馬温泉は山の中なのでどこも坂道で、この暑い中の散策は少々大変でしたが(^^;懐かしい感じの雰囲気を味わえ。

f:id:tochimo129:20180806193339j:plain

あちらこちらにある泉源から上がる湯気の香りを楽しんだり。

f:id:tochimo129:20180806193348j:plain

f:id:tochimo129:20180806193354j:plain

旅館やホテルを利用しなくても外湯で金泉を楽しめる金の湯、銀泉を楽しめる銀の湯があるので、こちらで両方楽しむのも良いかもしれません。

f:id:tochimo129:20180806193405j:plain

温泉街の坂の上の方を歩いていると、お寺さんも幾つかあってとても良い雰囲気でしたね。

f:id:tochimo129:20180806193412j:plain

これらのお寺さんの昔屋根の上にあった鬼瓦が、今はオブジェとして温泉街に点在して飾ってあって、色んなデザインの鬼瓦が見れて面白かったです。

有馬温泉、泉質も温泉街の雰囲気も好きな感じで気に入りましたね。

ただですね、次はこんな猛暑日の期間ではなくて、気候のイイ心地よい季節にのぉ~んびりと訪れたいなと思ったのでした。笑