さくらの写真を飾るために写真立てを買いました。

本の様になっていて写真を何十枚も入れることが出来て、ページをめくっていつでも飾りたい写真を選べるタイプです。

せっかくなので写真を選んで沢山プリンとしようと思ったのですが、これまでデジカメ・ケータイ・スマホで撮りためて来た我が家の小さい家族や旅行や日常の写真データ(PCで保存してあります)は、かなり膨大な量になっています。

久しぶりに昔の写真のファイルを開きながら根気よく?写真を選んで行きましたが、やっぱり昔の写真って懐かしかったりしてつい見入ってしまうので、なかなか作業が進みませんでした。笑

結局、さくらの写真を選びつつ、歴代の我が家の小さい家族みんなの写真も選んだり、私たち夫婦の写真もちょっとプリントすることにしまして、膨大な写真データの中から合計50枚ほどに絞り込みました。

我が家に来てくれた小さい家族は、みんな可愛かったな(^^)

懐かしくなったので、今日は久しぶりに日記に登場させてあげることにしました。

f:id:tochimo129:20180521113141j:plain

初代、シマリスのちっち。

完全手乗り、どころか、トレーナーやシャツの中に入ってきて人の腹のあたりでよくすやすや寝たりしてました。笑

シマリスがこんなにも懐くものなのかとビックリでした。

f:id:tochimo129:20180521113200j:plain

体が弱く動物病院の先生からは2年くらいしか生きられないよと言われていて、本当に2年くらいで虹の橋を渡ってしまって行ったロクちゃん。

空の水色、空に浮かぶ白い雲、綺麗な羽の持ち主でしたね。

成鳥になってから我が家に来たので、慣れるまでちょっと時間がかかりましたが、恐いながらも指に止まってくれるようになりました。

f:id:tochimo129:20180521113153j:plain

ある日突然ベランダに舞い降りて来て家族の一員に加わった、キエリクロボタンインコのキエさん。

なんで?って思うほど喧嘩っ早いくせに、ちょこんと人の肩に止まったりして、ツンデレとはまさにこの方のこと。

そして、そんな小さい家族にも吠えるでもなく、時には背中に乗せてあげて、心優しきワンコのさくら。

里親会から来てくれて、怖がりで最初は腫物に触るように接していましたが、そんな子が少しずつ心を開いて私達夫婦に寄り添ってくれた嬉しさは、一生忘れません。

 

そして、喧嘩っ早いキエさんの良き友になってくれたらと我が家に来てもらった、セキセイインコのさんちゃん。

さんちゃんはおかげ様で今日も元気です。

でも、さんちゃんには結局、先輩鳥のキエさん、後輩鳥のロクちゃん、そして先輩犬のさくら、みんなを見送らせてしまって可愛そうなことしちゃったな・・・

寂しい思いをさせてしまった分、これからも毎日可愛がってあげよう(^^)