さくら

f:id:tochimo129:20180429222315j:plain



さくら 2004年6月生まれ もう少しで14歳

2018年4月29日 午前0時半 永眠

 

突然のお別れでした。

昨日の昼間は体調が悪いなりに安定しているように見えていて、夜は午前0時をまわる頃まではいつもの布団でいつものように寝ていたのですが、午前0時15分過ぎに突然容態が急変し、ほんの10分後には私の腕の中で天国に旅立って行ってしまいました。

今日は朝からペットの葬祭場に連絡を入れ、さくらが眠るように横たわっている箱の中をお花とおやつでいっぱいにしてあげて、午後、無事に火葬を終えて帰宅しました。

 

数年前から心臓病と心臓病に伴う腎臓の数値の悪化を何種類もの薬を飲みながら何とか上手く付き合ってきて、昨年の夏前に大きく体調を崩した時は動物病院の先生たちからは、あと1ヶ月か・・・2ヶ月か・・・と言われていたのですが、それから約1年間、さくらはここまで先生たちも驚くほど本当によく頑張ってくれました。

この奇跡のような1年間は、さくらが私達夫婦にお別れの時が必ず来ることの心の準備をするためにくれた時間のような気がしています。

お正月も無事に越せて、さくらの名前の花の桜も春に一緒に見れたしね。

 

それでも、やっぱりお別れと言う物は心底淋しいですね・・・

だけど、私達夫婦がそろって家にいる時でちゃんと看取れたこと。

さくらの最後が何日もとか何週間もとかあまり長く苦しまずにすんだこと。

穏やかな寝顔で旅立てたこと。

GW中で夫婦そろってゆっくり最後のお別れの時間が取れたこと。

幸いだったなと思います。

 

さくらは1歳半で里親会からある日突然見ず知らずのこのウチに連れて来られて家族になってくれました。

一緒に暮らした12年半、幸せでいてくれたかな。

楽しく暮らしてくれたかな。

 

 さくら、最後まで本当によく頑張ったね、えらかったね。

さくら、ウチに来てくれて本当にありがとうね。

さくら、家族になってくれてどうもありがとうね。

さくら、いい子だね、可愛いね。

さくら、一緒に暮らした日々とても幸せだったよ。

 

さくら・・・さくら・・・