昨年の1月に義母が他界し、その後、実家の片づけをしまして、思い出の品や必要な物などは保存しておくために我が家に全部送ったのですが、その数ダンボールにして10箱分です。

あれから1年、ほとんどの荷物は整理整頓できたのですが、未だにほぼ手つかずのままになっているダンボールが2箱残っています。

それは、膨大な量の写真(アルバム)です。

夫の両親は本当によく写真を撮る方だったようで、写真の枚数が想像を絶するとんでもない量なのです。

それに加え、粘着のある台紙に写真を貼り付けその上から透明なフィルムでカバーしてあるような昔のアルバムなので、1冊1冊がデカくて場所を取るし、重いし、かなり古いアルバムになると表紙が黄ばんでしまっているし、何だかもう・・・(^^;

そんなワケで、古いアルバムから写真を1枚1枚全部剥がし、軽くて収納枚数の多いアルバムに全て入れ直して整理することにしまして、手始めにL判3段360枚収納のアルバムを3冊買って夫の幼い頃の写真から着手しました。

が、しかーし。

もう何十年も粘着の台紙に張り付けられていた写真たちはそうそう簡単には剥がれてくれず、下手をすると写真が破れてしまいそうになるのでかなり慎重な作業になり、1枚の写真を剥がすだけでもけっこうな時間がかかってしまいます。

そして、やっと写真が剥がせても写真の裏面に粘着のカスみたいなものが付着しているので、それを1枚ずつ手ではらって落としてから収納するので、作業が遅々として進まないのです。

夫と2人で黙々と作業して 「 もう半分くらい終わったかな~?(^^) 」 なんてお気楽な事を言う夫に 「 いーや、全然まだまだ。やっと1/5か1/4くらいだね。 」 現実を知らしめておきました。

そして、最初に買ったアルバム3冊が既にいっぱいになってしまったので、また追加で3冊購入です。

にしても。

何度も言っちゃうけど、写真の量が膨大なんですよね。

夫も私も同じ一人っ子なんだけど、私とは比べ物にならないくらい夫の子供の頃の写真の多いこと多いこと。

いわゆる一般的な一人っ子の家庭って、本当はこんな感じなのかな?なんて思ってみたり。笑

そして、写真の中では夫がまだ子供だし、高知の両親や親戚の皆さんも若いしね、こんな時があって今があるんだなと、写真の整理をしながらしみじみ。