先日の日記に書いたぶらぶら散歩で偶然見つけた陶器屋さんで、萬古焼の耐熱薬膳土瓶を買いました。

我が家は本当によくお茶を飲むので、やかんでお湯を沸かしてはそこにボール茶こしで茶葉を入れて、やかんのままお茶をカウンターの上に置いておいていつでも飲めるようにしていて、飲んでは沸かして、飲んでは沸かして、じゃんじゃんお茶を飲んでいます。笑

でもこれまで、まるで運動部の部室のように普通のステンレスやアルミニウムのやかんがカウンターの上にドンと鎮座していたんですね。

ビジュアルも風情もヘッタクレも無いと言うか。笑

なのでこの耐熱土瓶を見た時、ちょっと一目惚れしてしまったのです。

これがカウンターの上にあったら・・・素敵かも~♪

f:id:tochimo129:20180214200420j:plain

ってことで、コチラが我が家にやって来た耐熱土瓶です。

見た目はやっぱり素敵で嬉しい限り。

さっそく使ってみたところ、金属製のやかんより当たり前ですが重いです。

f:id:tochimo129:20180214200428j:plain

でも、お店に貼ってあった説明の通り、薬草せんじや烏龍茶の煮出し用などに最適なだけあって、これまで通りお湯を沸かしそこに茶葉や麦茶などを入れておいても、金属のやかんほどお湯が沸騰しすぎないのかな?一気に茶葉が煮出されないでゆっくりお茶が出るんでしょうかね、お茶の香りも味もマイルドな気がします。

同じ茶葉や麦茶でも、やかんで風味が変わるものなのね。

味の好みや気分で金属のやかんと耐熱土瓶を使い分けてもいいかもしれません(^^)