季節を感じる

おかげ様で、熱はあっさり下がってくれました。

愛犬のさくらが天国に旅立って、今日でちょうど半年が経ちました。

一緒に暮らしていた頃にはもう戻れないと思うと、お別れしたのももうだいぶ昔のことのような気もするし。

夏前まではこの家の中にいてくれたのだと思うと、ついこの間お別れしたばかりのような気もするし。

どちらにせよ、いつまでたっても寂しいものです。

f:id:tochimo129:20181029201037j:plain

さくらがいなくなり朝晩のお散歩に出なくなった私は、今年も夏の猛烈な蒸し暑さを乗り切るのが精一杯で、季節の移り変わりを楽しむことなく秋になってしまったような気がします。

今日はマンション下の公園の木に赤い実がなっているのにふと気づき、ああ、いつの間にか秋、そして冬が近づいているんだな、と。

毎日一緒にお散歩していた頃は自然と草木も目にして、春には桜、夏には青葉が生い茂り、秋には葉が色づいて、冬には葉を落とし、季節を感じることが出来ていたのにね。

さくらがいてくれたありがたさ、改めて感じます。

f:id:tochimo129:20181029201042j:plain

公園の木も夏に生い茂っていた枝を切り落としてもらって、冬支度が終わっていました。

さくら、今年もさくらが大好きだったリビングのふかふかラグを敷いたよ。

いつでもお昼寝しにおいでね。