今日は午前中に夫が歯医者へ行ったり、リビングのラグを冬用の物に敷き替える前に干したり、なんやかやと用事をこなした一日でしたが、11月に実家がらみの用事で高知へ行くために旅行代理店にも行きまして、ここでちょっとしたアクシデントがありました。

これまで高知に帰省する時は、よさこい祭りや夏休みやお正月など巷で人がたくさん移動して混雑する時は避けていたので、いつも飛行機やホテルの予約も思い通りに取れていたんですね。

で、来月11月はたぶん高知で何か大きなイベントがあるワケではないでしょうし、夏休みでも冬休みでもないですし、ましてや高知市内であれば紅葉を楽しみに行くような場所でもないのでね、今回も余裕で希望通りに飛行機もホテルも確保出来ると思っていたんです。

ところが、高知市内のホテルの空きがほとんど無くて結局は初日の1泊分しか確保出来なくて、翌日は自力でどこか探して直接予約を取らないといけなくなり、帰りは訳あって岡山県から帰るのですが飛行機が既に午前中の便しか空きが無いとのことで夜出発の新幹線での帰宅になってしまいました。

こんなにも思い通りに予約が取れないとは思っていなかったので、旅行代理店の方も一生懸命色んなホテルや飛行機の空き状況を調べてくれましたし、私たちもその場で打開策を決めていくしかなくて、ちょっと時間がかかってしまいました。

にしても、何でだろ?

今、高知県でホテルの確保が出来ないほど何が起きていると言うのだろう?

不思議だ。

f:id:tochimo129:20181022214334j:plain

あーでもない、こーでもない、色々思案して疲れて帰ってきて、晩ご飯は夫がチャチャッと作ってくれました。

何かのレシピを見ながらではなく夫が思い付きで作った料理なので料理名は無いのですが、炒飯って感じではなくて、生姜の効いた挽き肉たっぷりと刻んだ大葉が入っていて風味がさっぱりしていたので、例えるなら和風ガパオライスと言った感じでしょうか。

(ちなみに、腹ペコ過ぎて食べ始めてしまい写真を撮るのを忘れましたが(^^;一応私が作った野菜スープもありました。)

疲れた時の夫飯、私には作れない味、美味しい味、元気が出まする。

ごちそうさまでした。