一年前の今日の夜明け前、「お母さんの体調が急変したからと先生に連絡もらって、今、病院に来てるから・・・」と夫の高知の親戚から連絡をもらって、そのまま朝になる前にお義母さんは静かに息を引き取られました。

あれからもう一年も経ったような実感もないまま、今日はお義母さんの一周忌です。

早いものです・・・

お墓はお義父さんの生まれ育った神戸にあるのですが、夫の意向でまだ納骨をしていないので、お寺さんでの一周忌の法要などは行わず、仏壇代わりの場所にお花などを供えて、静かにご供養いたしました。

 

そして、昨年末の喪中はがきで私の嫁ぎ先のお義母さんが亡くなったことを知った私の母方の叔母夫婦から、本日一周忌に合わせて御仏前を送っていただいてしまいました。

お心遣いに感謝です。

さっそくお礼の電話を入れました。

そしてその電話で、久しぶりに話をした叔母からとある話を打ち明けられ、少々頼まれごとをされました。

その事を告げられたのは、親戚の中で私だけとのこと。

そして、今後も他の親戚には話すつもりはないとのこと。

うん・・・ちょっと責任を背負いました。

私も親戚から頼られるような年齢になってきたと言うか、両親や叔父叔母たちが次の世代を頼るような年齢になてきたと言うか。

 

今日は色々思う一日となりました。