先日、夫が仕事帰りに立ち寄った店で初めて見た調味料がとても気になったようで、買ってきてくれました。

福岡県久留米市クルメキッコーと言うお醤油屋さんが作っている「うまかばい」。

これは私も初めて見る未知の調味料でした。

クルメキッコーのHPでは加工調味料として紹介されていて、時短万能たれ、これ1本で料理の味付けが完成するので他に何の調味料もいりません、とのこと。

ほほぉ、時短ですか、万能ですか、楽ちん大好き主婦にはなんて嬉しい響きでしょう。笑

さらにありがたいことに、うまかばいを使ったレシピ集も商品についていたので、今晩はそのレシピ集の中から鶏と大根の煮物を参考に手羽元と大根を煮てみました。

味付けはもちろんうまかばいのみで、お勧めの水の量で薄めて煮込むだけでした。

f:id:tochimo129:20171220081905j:plain

さっそくいただいてみると味はかなり甘目で、私が作る料理の味付けには無い味だったので、まるでお店でいただく煮物のような感じがして、とても美味しかったのです。

それに、見た目はけっこう濃い味なのかな?みたいな色をしていますが全然そんなことはなくちょうど良かったです。

うまかばい、確かにうまかばい。

このネーミングもイイ感じですよね。

日本各地にうまかばいのようなとても美味しいご当地調味料ってあるんだろうなぁと思うと、これからも機会がある度に色んな調味料を是非味わっていきたいなと思いました。

 

手羽元と大根の煮物

赤蕪の浅漬け

もずく酢プチトマト

ご飯 (白米4:押し麦1)

とろろのお吸い物

温かい麦茶