なんと、まだ夫の名古屋土産が残っていまして(笑)、ラストにいただいたのは餅文総本店のひとくち栗ういろうです。

万治2年創業(1659年) ・・・400年近く続いている店って、凄いなぁ。

でも京都の人にこーゆー話をしたら、それくらいでは老舗とは言わないと言われてしまうのかな?

f:id:tochimo129:20171219162619j:plain

ひとくちサイズのういろう5個入りです。

f:id:tochimo129:20171219162628j:plain

HPの商品の説明をそのままパクらせていただきますと、刻んだ栗を入れたたっぷりの栗あんを、上り(こし餡)ういろと抹茶ういろの滑らかな生地で包みました、とのこと。

f:id:tochimo129:20171219162637j:plain

同じういろうでも店ごとに個性があるのだと思いますが、こちらのういろうはツルンとした食感が強めな感じがして、私は好きでした。

栗あんが程よく入っていて、とても美味しかったです。

やぁ、名古屋土産、大満足です。

どうもごちそうさまでした。