今日は夫は会社の後輩さんたちと飲み会でした。

夫の世代くらい以降、会社がなかなか新入社員を取らなかった時期が続いたり、新入社員が入っても夫のいる部署に配属にならなかったりなどなど理由は様々ですが、なかなか後輩さんを育てるチャンスがなくて残念に思っていたようなのですが。

数年前からやっと新入社員や若い世代の人と一緒に仕事をする状況になったそうで、夫は出来る範囲でフォローしてあげようと思っていると言っています。

ま、夫も夫なりに、年齢なりに、これまで色々経験してきたことがあるでしょうし、それが社会に出たばかりの後輩さんたちの何かの役に立つこともあるかもしれないので、今日のように時々一緒に飲み行ったりして話を聞いてあげるのだそうです。

そして、帰ってきてから飲み会の話を私もチラホラと聞かせてもらいましたが、みんな若いけどシッカリしてるな~と感じるし、夫とは世代の違いはあっても物怖じせず楽しく会話できるみたいで、仕事の話だけでなく普通に色んな話を聞かせてくれるみたいだし、2次会でカラオケ行ったりすることもあるようで楽しんでいるようだし。笑

近年の新入社員事情(ゆとり世代)のニュースをちょいちょい見聞きすると、世の中に何かとあるしがらみが薄れて自由になっていくのは良いことだと思うし、今は選択肢がいっぱいあるんだなと羨ましく思うこともあります。

けど、自由をちょっとはき違えてるような?無責任なような?と思うことも私にはしばしばあって、最近の人はみんなこんな感じなのかな?っと思っていましたが。

夫から聞く後輩さんたちの話でみんながみんなそうではないんだなって知ることが出来て、何だか私はちょっとホッとしてしまいました。笑