f:id:tochimo129:20171031095307j:plain

先日、高知の親戚からまるはりの新高梨が届きました。

子供の顔くらいの大きさがある大きな梨は、当たり前ですが食べ応え満点。

甘くて果汁たっぷりで、ジュースを飲んでいるような感じになります。

春には土佐まほろばトマト、鰹のたたき、夏には柚子ジュースなんかも最高で、秋には新高梨、冬には文旦や小夏、冬にしぼりたて柚子果汁100%の柚子酢で甘酢漬けなんかを作るとさっぱりとした美味しさで、高知には美味しいものが沢山あるなと実感します。

夫の両親亡き後も高知の親戚はずっと変わらず高知の美味しいものを定期的に送ってくれるので、今でも夫の生まれ育った高知とつながっていられる感じもしますしね。

そして神奈川で生まれ育った私にしてみれば、結婚して高知に親戚が出来なければこーゆー美味しいものたちを知ることも無かったかもしれませんしね。

本当にありがたいなと思うのです。