f:id:tochimo129:20171029223145j:plain

恐がりなさくらさんは動物病院も怖くて怖くて仕方なくて、行くとガタガタ震えるし心臓もドキドキで過呼吸かと思うほど呼吸も早くなってしまいます。

それでも元気な頃は何の問題も無かったのですが、心臓病とギリギリのところで上手く付き合いながら暮らしている今はあまりドキドキすると心臓に負担がかかってしまうため、体調がキープ出来ている時にヘタに動物病院へ行くと逆に心臓に負担がかかって体調を崩してしまう事があるのです。

だから、動物病院へ行くタイミングもとても悩めるのですが、少し前から抜け毛が多くて、夏毛から冬毛への生えかわり時期だからかな?としばらく様子を見ていたのですが、どうやら生えかわりの時期だからってレベルではない抜けっぷりなので、心臓病の方の状態は安定しているのですが仕方なく動物病院へ連れて行きました。

で、結果から言いますと、確かに何やら皮膚病と言うか肌荒れと言うか、そんな感じだった痕跡はあるものの、もうすでに自力で治りかけている途中で、気になるフケのようなものも荒れた肌が治りかけてかさぶたのようなものが剥がれている途中なのだとか。

ひとまず薬用シャンプーをいただいて帰ってきて、後は家でブラッシングとシャンプーで対応して様子を見ることになりまして、ホッとしたものの。

案の定、動物病院へ連れて行かれたさくらさんはガタガタドキドキで、帰宅してから体調を崩してしまい心臓病からくる咳がなかなか止まらなくなってしまいました。

苦しいからか、ご飯も食べないし。

これだから動物病院へはあまり連れて行きたくないんだけど、行かないワケにはいかないし、困ったな。

さくらさん、今日も頑張ったね、えらかったね、お疲れさん。

あ、そうそう、診察が終わってホッとしながら動物病院から出てきたら、自転車に赤とんぼがとまっていました。

変な天気が続いていますが、それでも秋なのですね。