f:id:tochimo129:20171029095620j:plain

以前、四ツ谷のとある出版社で仕事をしていた時、ちょっと離れたところには飲食店街があったのですが残念ながら会社の周りにはあまり飲食店が無かったので、隣りのビルの地下1階に入っている喫茶店でよくお昼ご飯を食べていました。

とにかく、近くて楽だったんですね。

その喫茶店では幾つかランチがあって、私がよく食べていたのがクリームスープパスタでした。

サラダと珈琲または紅茶が付いて、1000円也。

なんだか、このクリームスープパスタがとても好きな味だったのです。

どこかで食べたことあるような・・・と思いつつ、好きな味なのでけっこうな頻度で何度も食べていて。

で、ある日突然、私は気づいてしまったのです。

昨日の日記にも書きましたが、私はハウスの北海道シチュー「コーンクリーム」が大好きなんですね。

その味だ!

気付いてしまった私は、シチューを作る度にこの喫茶店のパスタを自宅で再現出来ないものかと2~3回試して作ってみまして、たどり着いた答えは

シチューをパスタソースとして使うためには少し塩を加えて味をはっきりさせること、と、器にパスタとシチューソースを盛り付けた後の仕上げにブラックペッパーをガリガリガリガリ「こ、こんなにかけちゃって大丈夫だろうか?」っと心配になるほどガリガリガリガリすること。

(写真にも黒胡椒がふりかけてあるのが見えると思いますが、食べ始めたらこれだけでは物足りず、追加でガリガリしながら食べました。)

この2点で、見事喫茶店のパスタを再現することが出来たのです。

なので、カレーの残りをカレーうどんにアレンジするように、シチューの残りは私はパスタで食べるのが定番となりました。

これ、けっこうお勧めです。

 

シチューパスタ

千切りキャベツのおかかサラダ

セロリとこんにゃくの炒め物

ルピシアの烏龍茶